ドロップシッピングの魅力を知ってみよう

ドロップシッピングで釣る男

ドロップシッピングという副業をご存知でしょうか?
英語では「Drop Shipping」と書きます。
実際にどのようなことをするかというと、ネットショップのオーナーといった形で商品を販売するお仕事になります。

ただし、商品を販売するといっても実際に商品の注文を受けて購入者に対して商品を発送したりなんて言うようなことは必要ありません。
ネットショッピング用のサイトを構築し、そこから商品が売れればドロップシッピング業者から、商品が発送されます。
そして、自分のサイトから売れた商品に対する手数料が自分に振り込まれる形になります。

本来の商売は、仕入れ先から商品を原価で購入し、そこにプラスアルファをして定価にして消費者へ販売する。このプラスアルファ部分が、利益となります。

ドロップシッピングでは、仕入れなどの原価が全く必要なく、商品を販売するだけ。
その分、得られる利益はドロップシッピング業者からの手数料のみとなります。

ですから、サイトを構築したりするような技術を持っていれば気軽に商売をしてお金を稼いでいくことができるわけです。
販売業に興味はあるけど、元手がそこまでないというような方にとってお勧めの副業だといえるでしょう。

ショッピングサイトをより利用してもらえるように改良して試行錯誤し、結果から次にどうすればいいのかを考える。
一種のゲームのような感覚で楽しむことができるのも大きな魅力といえるでしょう。
実際に、いいと思った施策が功を奏して売り上げにつながったときの、達成感は他の副業では味わえないものだといえるでしょう。

メリット

商売を楽しめる

普通に販売業をお仕事として始める場合には多くの元手が必要になりますが、そうしたことなく始めることができるので、販売業に興味がある方にはもってこいの副業だといえるでしょう。

ダイレクトに結果が出る

ショッピングサイトを自ら修正改良していくため、その結果で売り上げが高く出れば得られるお金も比例して多くなるので頑張りの結果が収入としてダイレクトに伝わるのが魅力となります。

ウェブに関する知識を得られる

より多くの収入を得ようと思った場合には、どうしてもショッピングサイトの改良などが必要になってくることもあるので、自ずとネットに関する知識を得て学んでいくことができるのも大きな魅力です。

デメリット

基礎知識が必要になる

ドロップシッピングを始めるためには、ネットショップを開設することが必須。
そのため、サイト運営に関する知識や技術が必要になります。
当然、サイト自体も自作する必要が出てくるので、そのあたりの知識も必要になります。

結果が出ないとすべてゼロ

通常の販売業と同様に、商品が売れない場合には収入もゼロということになります。
そのため、軌道に乗れば多くの収入を見込むことができるようになりますが、そこに到達するまでに長い道のりが必要になることもあります。

業者で扱う商品が違う

ドロップシッピングで収入を得る場合、利用するドロップシッピング業者に登録したりする必要があります。また、それぞれの業者で取り扱っている商品が違っているので自分が取り扱いたいと思っている商品を取り扱えないというような場合もあります。